ヨガは頸椎症を治療できますか?

コメントはまだありません Share:

記事カタログ1.ヨガは子宮頸部脊椎症を治療できます2.子宮頸部脊椎症のヨガ治療のアサナは何ですか?ヨガヨガヨガの実践方法頸椎症は頸部脊椎症を治療できます[123?]
ヨガは頸椎症を治療できます。ヨガは海外で導入されたキャンペーンです。シェーピングやその他の側面におけるその役割により、中国人に愛されています。スポーツ医学の観点から見ると、ヨガは頸椎、特に延長運動、揺れ、なだめる、疲れた背骨と首、腰と肩などの動きに特定の利点があります。また、対応する部分の筋肉を強化し、頸椎の保護を提供します。

ヨガには子宮頸部脊椎症を予防するための特定の利点がありますが、頸椎症の一部の患者もヨガによる治療の目的を達成することができます。しかし、ヨガは子宮頸部脊椎症のすべての患者には適していないことに注意する必要があります。特に、ヨガのいくつかの動きは頸椎に適しているだけでなく、頸椎症の患者が状態を増加させ、麻痺さえさえする可能性もあります!ヨガの動き。急性脊髄損傷は高い麻痺につながります!全体の部分で構成され、各部分が健康に保たれている限り、いくつかの部分で構成され、体を改善できます。ヨガを練習することで、人間の生理学的機能を改善することができ、毎日の疲労も遅くなる可能性があります。さらに、ヨガは、悪い態度を改善し、自信を高め、さまざまな病気を予防するという影響を及ぼします。

2.2、なだめるような感情、減圧、栄養心

呼吸、瞑想、瞑想を調整することにより、人々は人々をリラックスさせることができます。その結果、緊張した感情も解放される可能性があります。心を落ち着かせ、良いメンタリティをお勧めしたい場合は、ヨガを練習したいと思うかもしれません。

2.3、コンディショニングの美しさ、若者を維持する

ヨガヨガは、プッシュとプルによって内臓をマッサージし、それによって臓器の機能を強化し、人間の内分泌を調節し、代謝を高速にします。老化を遅らせ、若者を維持するのは助けがあります。さらに、ヨガ部分の測定部分は、顔の筋肉を改善し、顔のしわを減らし、「引っ張る」ことの効果を達成することができます。

3.ヨガの分類

3.1、フローヨガ

フローヨガは非常に人気のあるヨガで、西から渡されます。混合。

パターンヨガ間のつながりは、人々に1つの目標の感覚を与えているため、「フローヨガ」と呼ばれます。それは、身体を強化するためのクラウドのようなプロセスアクションの組み合わせの組み合わせを持ち、運動と呼吸の調和を強調し、ストレッチング、強度、柔軟性、持久力、集中などの包括的な運動を強調しています。

フローヨガのすべての動き空気の各インチと体の体の美しさを感じるように、より長い期間滞在します。

健康な若者、体重を減らしたい人に適しています。弱い人や病気の人を練習することはお勧めしません。軽度の自閉症の人にとっては、集中していない人も良好なコンディショニング効果を持っています。

3.2、Hot Yoga

Hot Yoga、高温ヨガまたはヒートヨガ、つまり38度-40度の高温環境、ヨガ。

高温環境は26のストレッチング作用で構成されており、これは柔軟な動きであり、脊椎の柔らかさを改善し、オフィスファミリーに適しています。

さらに、熱いヨガの高温環境はすぐに汗をかき、片頭痛、腰痛、人々が若く感じ、老化を遅らせるのに役立ちます。また、神経栄養筋系を直接刺激し、それによって体重を減らすことができます。

子宮頸部脊椎症のヨガ治療のアサナは何ですか1.猫の伸展タイプ

開業医は床にひざまずき、両手で体を支え、吸入し、背骨は下に伸び、頭は頭部を支えます上に、首は上向きに上昇します。同時に、腰は上向きに傾いており、胸を吐き出し、胸を吐き出し、頭の頭、首を下にし、腹部の頭を締めて全体を作ります。可能な限り戻ってください。

機能:このアクションを練習すると、脊椎と周囲の筋肉群がより柔軟になり、首と肩の座標が機能します。

2.新月のスタイル

開業医はひざまずき、太ももは垂直でふくらはぎ、両手が体の側面に置かれ、吸入します。右脚は大きな一歩です前方に、つま先は強いです。右足の両側に両手を置きます。吸入するときは、手を耳に貼り付け、頭を頭の上に向け、頭を後ろに傾け、左足首をつかみます左手で、右手を右耳の方向に伸ばし、吸入して復元し、反対側の反対側を繰り返します。アクション。

機能:脊椎を伸ばし、脊椎神経を強化して、子宮頸部脊椎症を予防する目的を達成します。

3.脊髄曲線タイプ

開業医は立っている姿勢の中に立っていて、足を一緒にし、頭の上に腕を持ち、手が右側に平行になり、頭が続いた。右に。体を右に曲げ、右側に戻り、10回繰り返します。

役割:頭、肩、頸椎の伸びを助け、子宮頸部脊椎症の予防に役割を果たします。

ヨガの練習方法1.深い呼吸となだめるような動きの協調的統一

呼吸はヨガテクニックの中心部分です。ヨガトレーニングの利点の鍵は正しい呼吸です。深い呼吸、より多くの酸素、血液中のヘモグロビンの量を増やし、身体のニーズを供給し、体と心を栄養を与え、健康を増やし、より多くの乱流ガスを吐き出し、排気ガスを吐き出し、体と心を浄化する必要があります。呼吸で。呼吸を通してのみ、体の伸び、絞り、逆転のプロセスを完全に感じることができます。筋肉をなだめて伸ばすことによって、そうですより多くの筋肉繊維が運動に関与し、より大きな筋肉の緊張を引き起こします。

2.結合、関心 – 調節、心臓の調節の組み合わせ。中央では、筋肉と靭帯の伸びを感じ、筋肉の系統を伸ばすのに役立ちます。より対称的で美しい。同時に、それは静かな神経の効果をもたらします。練習後、疲労を軽減するのに役立ちます。練習の過程で、ヨガは栽培に注意を払い、人々を明確な心の状態、さわやかな精神、平和な雰囲気を助け、人生の自信を高め、困難で困難な寛容に対する寛容を維持することができます。

Previous Article

ヨガは足を安定させることができますか?

Next Article

ヨガは生理学的期間中にヨガに使用できますか