コラーゲンの有効性と役割

コメントはまだありません Share:

コラーゲンのコラーゲン効果のディレクトリ効果、コラーゲンのコラーゲン誘導体のコラーゲン誘導体の副作用。コラーゲン誘導体の効果はいつですか?目を伝染させ、角膜は透明であり、筋肉細胞は接続され、弾力性があり、光沢があります。 ;

タブーを持つ妊婦。

適切な集団が利用可能です。

肌として知られるコラーゲンの柔らかい金は、近年世界中で人気があります。コラーゲンは、細胞外タンパク質である英語名のコラーゲンです。動物細胞における組織の役割を果たします。これは、曲がった繊維性タンパク質であり、曲線3ペプチド鎖にねじれています。コラーゲンは人体で最も豊富なタンパク質であり、全身の総タンパク質の30%以上を占めています。

コラーゲンは、皮膚の「ばね」であるだけでなく、革の層 – 大きな皮膚貯水池の頭でもあります。十分なコラーゲンが皮膚細胞をふっくらさせることができるため、皮膚が水で満たされ、しっかりとした弾力性と保湿を示し、皮膚を繊細で滑らかに維持し、皮膚の老化を効果的に防ぐために細い線としわを伸ばすことができます。

コラーゲンの効果

コラーゲンは、免疫機能を改善し、癌細胞を阻害し、細胞機能を活性化し、骨骨を活性化し、関節炎と痛みを治療することができます。

皮膚機能のための

保護と適切な弾性下部表皮下層層、真皮層は構造のほとんどを占有します。メッシュ層はタンパク質で構成されています。タンパク質のこの部分はコラーゲンと弾性タンパク質で構成されており、その他は神経、毛細血管、汗腺、皮脂腺、リンパ管、髪の毛の根のエッセンスです。皮膚成分の70%はコラーゲンで構成されています。皮膚は体の周りにしっかりと巻き付けられた大きな袖のようです。表面積は非常に大きくなります。人体の手足の動きがあると、コラーゲンが皮膚で演奏されます。弾力性と硬度。

骨の弾力性、ゆるくて脆弱ではない

骨にカルシウムを含むカルシウム、歯にカルシウムの損失が含まれると、歯の病変を引き起こします。など、骨カルシウム損失の骨粗鬆症を引き起こします。コラーゲンは、カルシウムを骨痛細胞と組み合わせることができます。

骨のコラーゲンが失われると、骨のカルシウムの量が減少します。現時点では、カルシウム摂取のみが増加せず、これの現象を改善するのは簡単ではありません。骨粗鬆症。カルシウムは骨に保持できないためです。主にコラーゲンの減少のために、カルシウムを摂食することも減少します。骨を維持するために、コラーゲンと一緒に食物やコラーゲンで摂取することができます追加する食品をケアします。真皮のコラーゲンと弾性タンパク質の割合は約45:1ですが、骨のコラーゲン含有量は約20%を占めています。皮膚と骨の中では、コラーゲンが主なタンパク質成分です。80%はコラーゲンです。コラーゲンが含まれているため、骨と歯も激しく弾力性があります。

コラーゲンは目を伝染させることができ、角膜は透明に保たれます

目の角膜は目の重要な構造の1つです。光を通過させますが、このコラーゲン繊維の特別な配置のために、角膜は透明です。コラーゲンは角膜の主な成分タンパク質であるため、原材料としてコラーゲンによって作られた接触レンズは人体に適しています。つまり、体は高く、原材料の隠れたレンズとして他の材料よりも優れています。

筋肉細胞のつながりと弾力性と光沢の促進

筋肉は主に筋肉フィブリンと筋肉グロブリンで構成されており、細胞と細胞は接着タンパク質を貼り付けるために使用されます。体の構成材料の。コラーゲン分子によって形成された3次元の骨格は、体を良い姿勢に保ち、適切な柔らかさを示すことができます。牛肉を食べるとき、しばしばより硬い[牛肉腱]があります。主な成分はコラーゲンです。

内臓の保護と強化

人体の主要な内臓と組織にはコラーゲンが含まれています。これらの臓器の表皮構造の下はコラーゲンです。例。豚の脳や豚の肝臓を食べるとき、私はしばしば非常に柔らかく感じ、豚の足ほど硬くて弾力性がありません。主な理由は、これらの臓器にコラーゲンが少ないことです。それにもかかわらず、コラーゲンは依然としてこれらの臓器の不可欠な要素です。

コラーゲンの役割

[12](1)皮膚の役割を維持する

保湿
[ [
123]コラーゲンには親水性の自然な保湿因子が含まれており、3つのスピラル構造は水を強くロックできるため、皮膚は常に湿って柔らかくなります!

栄養
活性コラーゲンは、皮膚に対して強い透過性を持っています。皮膚上皮細胞とキューティクルと結合して、皮膚細胞の代謝を改善するために、コラーゲンを改善することができます。皮膚では、皮膚のコラーゲンを作る活動が強化されます。角質層と繊維構造の完全性を維持し、皮膚細胞の生存環境を改善し、皮膚組織の代謝を促進し、血液循環を促進し、皮膚に保湿する目的を達成することができます。

明るい肌
肌の光沢水分含有量により、保存されていたコラーゲンの保存状態の保水能力は、肌を湿らせて光沢のあるものにし、健康的な栄光を滲み出させます。

引き締め
コラーゲンが皮膚に吸収され、皮膚真皮の間で満たされ、皮膚の緊張を高め、皮膚の緊張を引き起こし、毛穴を減らし、肌をしっかりと豊かにしますそして豊かな弾力性!

アンチウィンクル
革のふっくらしたコラーゲン層は、皮膚細胞を支え、保湿および抑制の効果と組み合わせて、厚い線を伸ばす効果を共同で実現します。細い線の希釈。交差点

コラーゲンは、皮膚の老化やしわを防ぐことができます。年齢の増加に伴い、コラーゲンは徐々に失われ、コラーゲンペプチド結合と弾性メッシュが皮膚を支えます。スパイラルメッシュの構造はすぐに破壊されます。皮膚組織は酸化、萎縮し、崩壊します。 – 弾性現象、そのため、女性のサプリメントコラーゲンは延長に必須です。

修正
活性コラーゲンは、皮膚の最下層に直接浸透する可能性があり、周囲の組織との良好な親和性は、細胞がコラーゲンを作るのに役立ち、皮膚細胞の正常な成長を促進します。同時に、活性化されたコラーゲン自体には、抗炎症と皮膚の更新の影響もあります。

栄養
コラーゲンは、皮膚の強い浸透を持っています。キューティクルと皮膚上皮細胞の組み合わせにより、皮膚細胞の代謝に関与し、改善することができます。皮膚のコラーゲン活性が活性化されます。角質層と繊維構造の完全性を維持し、皮膚細胞の生存環境を改善し、皮膚組織の代謝を促進し、血液循環を促進し、皮膚に保湿する目的を達成することができます。

光スポット印刷
ドイツの研究者は、コラーゲン中のポリペプチドがアミナーゼの活性を阻害し、色素沈着の形成を減らすことができることを示しています。 、にきび、封印、傷跡を合理的に修復できるように。

暗い円、目の下の袋を排除する
コラーゲンの喪失は、眼の組織の弛緩と垂れ下がっている可能性があり、目の周りの皮膚の薄いために、一部の人々は血液の蓄積を簡単に引き起こし、暗い円を生成します。ガムの要素を補充すると、皮膚の構造をより緊密にすることができ、血液が隙間にとどまることはなく、目の下の暗い円や袋を効果的に防ぐことができます。

美容ミルク
コラーゲンのユニークなヒドロキシンは、結合組織を締める効果があります。ふっくらと弾力性。コラーゲンの役割は、乳房の量を増やすことに限定されませんが、より重要な役割は、乳製品の商業家と胸をしっかりと緩めることです。

(2)ヘルスケアの役割

減量


脂肪の燃焼需要(分解代謝)、およびコラーゲン、そして、これはこの分解と代謝プロセスを作ることができ、ディレクターは減量の目的を達成するためにより多くの脂肪を燃やすことができます。さらに、細胞上のコラーゲンの修復機能は、大きな熱エネルギーで使用されます。この機能は睡眠状態で実行する必要があります。したがって、睡眠中に体重を減らすためにコラーゲンを使用します。

UV予防

紫外線のほとんどは、皮膚にさらされたときに表面組織によって吸収され、散らばっていました。一種の紫外線散乱散乱剤は、日焼け止めを演奏できます。

柔らかい髪の鍵、光沢の爪

髪の健康の鍵は、頭皮の皮下組織の栄養です。真皮層にあるコラーゲンは、表皮層と真皮(髪と爪)の栄養供給ステーションです。コラーゲンが欠けていると、髪は乾燥したり壊れたりします。

皮膚のように、髪の体はコラーゲンで構成されています。髪の水平方向の切断の場合、顕微鏡の下で見ることができます。中心はコラーゲンで覆われたMeduilaで、最も外側の層は髪の毛です。コラーゲンは主に髪の厚さ、弾力性、湿度を制御します。髪の毛は非常に脆弱な組織のようなものです。摩擦は損傷し、内層のコラーゲンが刺激されて分解されます。

したがって、髪の毛がある場合は、表面的な記事として使用するだけではありません。根本原因を治す方法は、コラーゲンと皮下組織を補うことです。このようにして、私たちは髪の健康を促進し、髪を柔らかく光沢のあるものに保つことができます。

免疫の改善

コラーゲンもヒト免疫を改善することができます。人体で最もタンパク質はコラーゲンです。ヒトの骨などの重要な物質の成分だけではありません。免疫、内分泌、物質生産の側面では、コラーゲンはかけがえのない役割を果たします。

老人や子供などの弱い憲法を持つ人々は、コラーゲンを適切に補充する必要があり、人間の健康をうまく改善することができます。

多くの息子や娘は高齢者にとって親友であり、高齢者向けに購入された健康製品にはコラーゲン成分が含まれています。これはまさにヒト免疫機能を改善する効果があるためです。免疫細胞を大量のコラーゲンと組み合わせる必要があり、異物と戦い、免疫グロブリンやその他の免疫システムの能力を向上させ、人体を増やす必要があります。抵抗。これは、免疫能力が低下している高齢者や回復する必要がある患者にとって特に適しています。

関節の痛みを和らげる

コラーゲンは、筋肉と関節の骨に存在するため、関節の痛みを緩和することができます人体にそのような物質がない場合、関節炎などの病気を発症するのは簡単です。この時点で、コラーゲンが補充され、正常な疾患治療と組み合わされる限り、より良いリハビリテーション効果を与えることができます。

心血管疾患の予防

研究では、コラーゲンがトリグリセリドとコレステロールを減らし、体内の必要な微量元素の一部を増加させることができるため、比較的維持することは比較的正常であることが示されています。範囲内では通常、理想的な減量削減食品です。さらに、コラーゲンは、身体がアルミニウムを排出するのを支援し、アルミニウムを減らして体に集まる独自性を持っています。アルミニウムは人体に有害です。研究は、増加する認知症の増加がアルミニウムの摂取に関連していることを示しています。同時に、コラーゲンはヘモグロビンと赤血球を加速する効果があります。心臓病、および虚血性脳疾患。

カルシウムサプリメント

コラーゲンは、カルシウムサプリメント食品として使用できます。コラーゲンの特徴は、アミノ酸ヒドロキシリニシンは、血漿中の骨筋細胞へのカルシウム輸送の担体です。骨筋細胞の骨筋細胞は、ヒドロキシルヘキシライトの接着剤であり、ヒドロキシルイトの骨の本体を形成します。したがって、十分なコラーゲンを消費できる限り、正常な体のカルシウム摂取量を保証し、コラーゲンをカルシウムサプリメントを作る健康食品にすることができます。

Jian Bone

骨マトリックスの主な成分はコラーゲンであり、約90%、約40年前に占め、骨の品質は徐々に低下します。骨コラーゲンの速度はできませんコラーゲン繊維には強い靭性と弾力性があります。長い骨がセメントの柱と比較されると、コラーゲン繊維はこの柱の鋼鉄フレームであり、コラーゲンの不足は建築のようなものです。以下。カルシウムサプリメントの場合、カルシウムのサプリメントは最初ではありません。重要なのはコラーゲンのサプリメントと代謝です。骨粗鬆症は別のタイプのコラーゲン疾患です。最良のカルシウムサプリメント方法は、カルシウムを頻繁にタイムリーに組み合わせるコラーゲンを補うことです。さらに、コラーゲンは関節の柔軟性に大きな影響を与えます。コラーゲン合成と関節軟骨潤滑の保護機能が弱体化すると、関節炎を払うことができます。

女性の健康を改善する

婦人科疾患の根本原因は内分泌障害に由来します。コラーゲンは婦人科疾患の問題を改善することができます。閉経期の女性は身体的ニーズを提供するためにコラーゲンを必要とし、閉経女性が直面することができます。さまざまな不快感が簡単です。

さまざまな疾患の治療

コラーゲンには大量のグリシンが含まれています。これは、人体の合成コラーゲンだけでなく、脳細胞の中枢神経阻害阻害性も含まれます。中心の産生神経の鎮静効果、不安や神経骨症などの良好な治療、コラーゲン食品は、胃のタンパク質の凝縮を阻害する可能性があります。胃酸と胃の酵素分泌の消化は、胃潰瘍の患者の痛みを軽減し、胃潰瘍の治癒を促進する可能性があります。

(3)日常生活における応用

コラーゲンマクロミウムのらせん構造と結晶化領域。一定の熱安定性を持たせる;

コラーゲンの天然とタイトな繊維構造により、薄膜材料の調製に適した強力なタフネスと強度をゴム製の原材料に示します。

最も重要なコラージュは、クラスターなどの食用包装材料として使用されます。その独自性は次のとおりです。熱処理プロセス中です。水と油の蒸発と融解で。コラーゲンは、肉の収縮とほぼ一致しています。他の食用包装材料はこの品質を持っていることがわかっていません。

コラーゲン分子鎖には大量の親水性遺伝子が含まれているため、水と組み合わせる能力は非常に強いです。食品中の食品それは充填とゲルとして使用できます;

コラーゲンは酸性およびピリンで拡大し、コラーゲンベースの材料の調製プロセスにも適用されます。

私たちの日常生活には幅広いコラーゲンもあり、さまざまな女性の化粧品には多数のコラーゲンがあります。さらに、コラーゲンは食品添加物としても使用できます。これは無害であるだけでなく、味を高め、食物をより美味しくします。

コラーゲンは、魚粉の飼料の生産として使用できます。開発コストは低く、実際の効果は特に顕著です。農民がもたらす経済的利益は避けられません。コラーゲンは自然物質であり、環境に害を及ぼすことはありません。主に水生飼料に使用されているため、水質汚染を防ぐこともできます。

(4)医療アプリケーション

医療製品に使用されます

コラーゲンのさまざまな特性により、複数を作ることができますタイプの医療製品は、溶液の注入、粗繊維、フィルム、多孔質シート様スポンジなどの治療に使用されます。

医療開発

コラーゲンにも幅広い開発の余地があります。医学界のコラーゲンの研究が行われています。それはより多くの人間に利益をもたらすでしょう。

コラーゲンの副作用

栄養補助食品の種類は欠落していないか過剰でなければなりません。 2001年には、中国の栄養協会がさまざまな栄養摂取基準を策定し、各栄養素の毎日の最小摂取と最大許容範囲を規定している中国の栄養協会が、それが不足しているか過剰であるかに関係なく、さまざまな危険があります。

過剰が腎臓結石や骨粗鬆症を引き起こす可能性があります

毎日10〜20グラムのコラーゲンを追加します。人体はコラーゲンの卵用です白い吸収速度は低下し、過剰なコラーゲンは尿による腎臓を介して排出され、コラーゲンの毎日の補給が腎臓の負担を増加させます!良いことですが、それがどれほど良いものであっても、健康の欠如は身体的健康には良くありません!羊の安全性は低く、さまざまな副作用が生じる可能性があります。牛や羊などの陸生動物のほとんどは、現在は大規模で現代の農業です。彼らは暗い空間に住んでいます。彼らはさまざまなホルモンを含む飼料を食べます。

アレルギー反応の出現

コラーゲンを注入すると、アレルギー反応がある可能性があるため、注射前に皮膚検査を行う必要があります。コラーゲンを注入しても麻酔は必要ありません。注射後、一時的なチクu200bu200bチク、燃焼、赤み、および腫れがあります。憲法が注射または注射方法に適していない場合、これらの副作用はいくらかの期間が増加します。重度の場合、治療のために病院に行きます。

女性のリーフレット過形成の発生

即時の結果を達成するために、一部の製品に一部の製品を追加したため、特定の経口溶液とリーフレットの過形成、いくつかのホルモンまたは保存法を採取することは避けられませんでした追加する可能性があります。しかし、この場合、それがそのような成分であるかどうかを検出することは容易ではありません。したがって、コラーゲン経口液体に注意する必要があることをお勧めします!高品質のコラーゲンパウダーを選択するのが最善であり、添加物が多すぎないことが最善です。カプセルなどの製品形態も慎重です。

コラーゲン

コラーゲン液

液体コラーゲン製品に由来する生成物は、現在非常に一般的な剤形です。吸収はコラーゲン溶液の最大の利点です。これは、他のコラーゲンデブルタイプと比較できます。しかし、それはまさに液体の理由によるものです。生産や輸送中に劣化しないようにするためには、一部の香料と防腐剤を追加する必要があります。これは、コラーゲンの純度の大きな割引であり、これはコラーゲンソリューション製品の大きなボトルネックでもあります。それは私の口のクリスタルブドウのようなものですが、私たちの肌にはほとんど影響がありません。全体として、コラーゲン経口液体の利点は、人体がより簡単に吸収されることです。欠点は次のとおりです。コンテンツは比較的低いです。したがって、一部の企業の液体の高い含有量は、誇張された成分があることです。

コラーゲンパウダー

コラーゲンパウダーの最大の利点は、高い純度を達成できることです。部品購入。しかし、コラーゲン粉末には致命的な不利な点があります。つまり、胃酸によって破壊されるのは簡単です。FAは腸に正常に到達し、皮膚の一部のみが吸収され、皮膚に使用されました。分子量が約1,000ダルトンでない限り、直接吸収できます。全体として、コラーゲンパウダーの利点は、含有量が経口溶液よりもはるかに高いことです。短所:適切な製品を選択し、特定の醸造方法に協力します。

コラーゲンマスク

(1)それぞれネットマスクボウルとコラーゲン。

(2)2Gコラーゲンをマスクボウルに注ぎます。

(3)適切な量のローションを注ぐと、純粋な水も可能です。約半分のボウル、それだけでは十分ではありません。次に、一緒にかき混ぜてよくかき混ぜます。

(4)マスクペーパーに来て、浸して顔に塗ります。

(5)15分後、皮膚の水が見つかります。

長い時間をかけたい場合は、プラスチックラップを使用して顔に別の層を塗り、目と鼻孔に小さな穴を切り裂くことができます。ラップを使用することは本当に良いか、スプレーボトルを使用して水を補充します。

いつコラーゲンがよく食べられるか

(1)コラーゲンを食べる

女性はすでに20歳でコラーゲンで老化し、失われ始めており、コンテンツはゆっくりと減少します。25歳で、損失のピークに入りました。40歳で、コンテンツは18歳の半分未満でした。人間の皮膚の80%以上がコラーゲンで構成されています。コラーゲンの量が補足量よりも高い場合、人間の皮膚には、汚れ、しわ、ゆるみ、大きな毛穴などの一連の問題があります。したがって、25歳のコラーゲン損失ピーク期間にゆっくりと入ると、コラーゲンを補充するための体の需要が強くなります。現時点では、コラーゲンを補うのに最適な時期でもあります。

(2)コラーゲンを食べるとき

まず、空腹時が朝になるとき、コラーゲンが胃粘膜を修復し、胃腸粘膜を修復することができるため、胃腸や腸の貧弱な人に適しています。関数。

2番目、夜寝る3〜4時間前に、睡眠不足の人に適しています。寝る1時間前は食べるのに最適な時期です。

専門家の提案:朝に一度寝る前に、朝に一度それを取ります。寝る前に月に一度持ってください。経口コラーゲンは、少なくとも2か月のサイクルに付着する必要があります。これは、皮膚が長い間空であるため、時間がない場合は補うのが難しいためです。専門家は、人体自身のコラーゲンは損失の1/4に過ぎないからです。したがって、皮膚は経口コラーゲンを通して皮膚を維持するために使用する必要があります。

(3)コラーゲンを服用するための予防策

高分子コラーゲンが人々に入る体の後、人体に吸収されるように小分子ペプチドとアミノ酸に分解する必要があります。真に吸収される成分は多くありません。

これらの食品のほとんどは半脂肪含有量であり、頻繁な消費には適していません。高カロリー、高脂肪、特に揚げ物はフリーラジカルになりやすく、老化を加速します。この種の食べ物を減らすことができれば、体によって損傷を受ける機会と皮膚の暗い斑点、しわなどのリスクを減らすことに相当します。

妊婦はコラーゲン製品を摂取することはできません。コラーゲンは19のアミノ酸で構成されているため、そのいくつかは胎児に吸収できません。後に出産した赤ちゃんは成長し、発達しました。

豚や牛肉から抽出されたコラーゲンは、皮膚に栄養を与え、弾力性を維持し、粗くはありませんが、多くの脂肪が含まれています。したがって、魚のコラーゲンを服用することをお勧めします。脂肪を含んでおらず、体重を引き起こしません。

Previous Article

あなたは長い間あなたの顔ににきびを持っていますか?

Next Article

妊婦のhemoで食べられないタブーは7種類の食物