心筋梗塞でどれくらい暮らすことができますか?

コメントはまだありません Share:

1.心筋梗塞後の生活はどれくらいですか

20年近くの心筋梗塞の再発を防ぐ方法
。 30%から10%未満。ただし、複数の梗塞または複数の梗塞を有する患者の数は、心筋梗塞後の主な死因の1つになりました。したがって、急性段階での積極的な治療に加えて、心筋梗塞後のリハビリテーションと二次予防も強化して、患者の平均余命を延長し、生活の質を改善し、仕事能力を回復する必要があります。心筋梗塞後の2番目のレベルの予防には、次のものが含まれます。
1.患者とその家族の衛生宣伝と教育、患者と家族が病気を認識し、さまざまな予防と治療措置の重要性を理解し、減少させ、病気の懸念。予防と制御に積極的に協力することができます。
2.総脂肪、飽和脂肪酸、コレステロールの摂取量を減らすために合理的な食事を整理します。太りすぎの太りすぎの摂取量は、総カロリーを制限する必要があります。 3か月の調整の後、血液脂質レベルがまだ明らかに異常な人は、血液脂質異常の血液脂質調節因子を選択できます。
3.喫煙ストレス説得。喫煙は、動脈硬化症の危険因子であるだけでなく、狭心症、心筋梗塞、および反供給の危険因子でもあります。患者は心筋梗塞後に回復したため、喫煙者の喫煙継続の発生率は、喫煙や喫煙のない人の約2倍です。ノルウェーの多感覚研究は、心筋梗塞後17か月後、喫煙の辞任者は継続的な喫煙者と比較して45%減少しました。喫煙者。受動的な喫煙は喫煙者と同じ危険であるため、ストレスは患者の親relativeを喫煙をやめるよう説得し、患者は回復後に煙のない環境で働くべきです。喫煙は、冠動脈のけいれん、血小板の収集を誘発し、冠動脈と側枝の予備能力を低下させる可能性があります。ハイパーコレステロールを伴う喫煙の程度は、冠状動脈硬化症の病変に非常に関連しています。喫煙は冠動脈を増加させる可能性があります。これらは、耐性を容易に誘発する可能性があります。
4.適切な身体活動と運動。体格を高めるために、ウォーキング、体操、太極拳、気功などの運動方法を撮ることができます。
5.高血圧または糖尿病患者は適切に制御されるべきです。
6.抗血小板治療。ポリリウム不正は、冠動脈けいれん、血栓症、または心筋微小循環で収集された冠動脈けいれん、血栓症における心筋虚血、心筋梗塞または突然死において重要な役割を果たします。アスピリンは、副作用が低く、長期散布を促進する安価で簡単な植物板調製物です。
7.β受容体ブロッカーを適用します。多数の臨床試験結果は、β受容体ブロッカーが当時の梗塞後の発生率、突然死の速度、心臓死亡率、および総死亡率を減らすことができることを証明しています。一般的に使用されるβブロッカーには、経験、アンモニア、アンモニアの心臓、美しさが含まれます。
8.急性心筋梗塞の回復後、医師の指導の下で薬を遵守し、診療所をフォローアップし、状態を観察し、薬を調整します。狭心症を再現する場合は、予防するために治療のために病院に行く必要がありますその後、茎。
私の心筋梗塞はどのくらい治癒できますか?
まず第一に、私の父は2005年に突然の心筋梗塞のために病院の括弧に正常に入ったばかりで、3か月後に再びステントをしました。これまでのところ、それはうまく戻ってきました。
私のクラスメートの父もブラケットを作りましたが、昨年亡くなりました。

個人的な体力、個人的なメンタリティ、医師の経験など、誰の特定の状況は異なると思います。しかし、メンテナンスに注意を払えば、それは間違いなく長期にわたって持続することは確かです。20年では少なくなるはずです。本当に!

1.患者のメンタリティをパニックに陥らせてリラックスしないでください。良いメンタリティは最高の薬です!

2.特に冬と春の季節に医師の意見を尋ね続けます。心血管と脳血管の季節シーズンです。包括的な身体検査を行うことを主張し、お父さんの参加者を見つけなければなりません。彼がさまざまな指標に適しているかどうかを尋ねる。範囲内で、血管の注射のための薬など、治療が必要かどうか。

3.お父さんが輸入ステントを使用しているのか家事するのかはわかりません。しかし、手術後の薬が鍵です。それらのほとんどは一生摂取されます。持続することを忘れないでください!

4.状態が許せば、夕食後の毎日の小さなグラスとリンゴが心血管にとって非常に有益です。父は健康医療を主張しています!

最後に、現在のブラケットテクノロジーの成功率はすでに以前と同じであると信じています。テレビ広告で「警戒師」を聴かないでください。それを受け入れるためにあなたに同行します!

私たちは一生懸命働かなければなりません!

心臓介入手術の効果は一般的に非常に良好ですが、入った括弧は普遍的ではありません。心筋梗塞に置かれた括弧は、心筋の痙攣によって引き起こされる可能性があります。したがって、平日に患者の広範な前壁梗塞の予後を見る必要があります。20年間生きることは本当に難しいです。他の部分はどうですか?当面は難しいですが、事件が実際に梗塞の後にあるという証拠があるという証拠があると言うのは難しいと言うのは難しいです。血液粘度が高すぎるために患者の生存時間の大規模な延長は再び閉塞を誘発します

は、医師と協力する自信を失い、手術後に効果的に回復する

ブラケットは緩和する必要があり、心筋梗塞は頻繁に再発しません。ただし、食事、光の低脂肪食に注意を払ってください。血管を制御して再びブロックします。心筋梗塞と寿命との関係は、主にその合併症に関連しています。一般的に言えば、これらの合併症について心配していない場合。しかし、慢性的な合併症を防ぐため – ハートの故障。一般的に言えば、心筋梗塞の心臓が発生します。心筋壊死のある程度で、残りの心筋筋肉の負荷が増加します。長い時間がかかると心不全を引き起こす可能性があります。

心臓病には次のタイプが含まれます
1.拡大心筋症
2.厚さ – 厚さの心臓病
did被る右脳室心筋症
Qiu shuyun:心筋疾患の拡大は、心筋疾患の拡大ですより隠されており、初期に見つけるのは容易ではありません。一部の患者は、身体検査中に心筋疾患を患っている可能性があることに気付きます。実際、心筋症の発症は年齢と同じではありませんが、それらのほとんどは若く、中年。心筋疾患の初期段階では特別な症状はなく、特別な症状は疲労などの身体活動中にのみ発生する可能性があります。病気の進行に伴い、咳、胸部の緊張などの軽度の心不全。この期間中、一部の患者は簡単に見つけることができません。多くの人は通常医師に行きません。心不全の症状など呼吸の難しさ、横にならない、横にならない、常に腫れ(胸と脚)を感じ、疲労を起こしやすいなど。心筋症の患者の80%以上には、早期拍動、心房細動、伝導ブロックなどの不整脈が伴う可能性があります。不整脈が重度である場合、患者は突然死を引き起こす可能性があります。したがって、心筋疾患の早期発見と早期治療は非常に重要です。
Wang Guizhen:心筋疾患の患者の従来の治療法は緩和することしかできず、満足のいく治療を行うことはできません。したがって、私たちは通常、中期および後期の患者に乳管外交センシング神経遮断技術を採用します。まず第一に、心筋疾患の発症を見てみましょう。心不全は心筋疾患の主な臨床症状です。心不全が神経内分泌系を刺激し、神経内分泌を活性化した後に一部の物質が放出される場合。これらの物質の放出は、心筋細胞壊死、不整脈、心不全の悪化など、体にいくらかの損傷を引き起こします。したがって、定期的に、心臓を支配する交感神経をブロックすることにより、この物質の放出は、治療の目的を達成するために使用されます。

ホスト:管外交センシング神経ブロックの技術的操作はどうですか?
Qiu Shuyun:ダクトル外交神経ブロックの技術的操作は複雑ではなく、約10分で完了することができ、技術的な困難は特に高くありません。ビデオを見ると、最初の局所消毒が行われます。通常、胸部の椎骨間鍼治療にあります。針が終了した後、チューブは必要ありませんこのチューブは、心臓を制御する神経の位置に送られます。このカテーテルを通して、薬物注入が定期的に注入されます。薬物注射の役割は、心臓交感神経の有害物質をブロックしてこの種の有害な物質を放出することです。カテーテルの時間は、軽度の患者を一般に約30日間配置する必要があるという状態に応じて決定されます。重い状態の患者は一般に時間がかかります。

モデレーター:これらの薬物はすべて神経に作用し、副作用を持っていますか?
Qiu Shuyun:この薬には副作用はありません。 500人以上の患者がこの技術を臨床的に使用しており、これまでのところ副作用は発見されていません。ただし、操作プロセスは正式でなければならず、経験豊富な麻酔の指導の下で実行する必要があることに注意する必要があります。

モデレーター:患者の状況を見てください。患者:"私は1年半退院しました。私が病気だったとき、私は28歳でした。私は悲観的で、足と顔が腫れていました、私の胃が痛いです、私はすべてを吐きたい、私はできます。胆汁を吐き出すのを待つと、私は死を考えました。本質10日以上病院に行った後、それは徐々に機能し、私の気分は大いに改善されました。今、私は1年以上退院し、仕事をする能力があります。 "
Wang Guizhen:治療前後の患者の比較図を見てみましょう。胸腔内の正常な心臓の割合は50%で、患者は約70%に達します。患者は、内科と硬膜外の神経閉塞の治療後に大幅に改善されただけでなく、心臓が映画から大幅に見ることができます。

モデレーター:不整脈のある患者の状況を見てください。患者:「私は今年63歳です。私は10年間不整脈の歴史があります。心拍数を得るたびに転倒していると感じます。一日中疲れを感じます。神は6つの神です。治療後に症状は消えました。 "
Qiu Shuyun:この患者の診断は比較的明確です。それは拡張された心筋症(主に不整脈)に属しますが、彼は多くの薬を服用しましたが、心房細動は消滅していません。昨年、私は治療のために可溶性外交センシング神経ブロックを受け取りました。したがって、硬膜外交センシング神経ブロックは、心不全だけでなく、不整脈にも特に効果的です。
Wang Guizhen:従来の内科および乳管外交センシング神経閉塞に加えて、心筋疾患の患者はリハビリテーション治療の何らかの手段も使用します。心筋疾患を治療する場合、私たちは絶対的なベッドを提唱しません。筋肉の上に絶対に横たわっているのは一連の悪影響を及ぼします。呼吸筋の能力が弱くなると、時間の経過とともに肺塞栓症を引き起こすことさえあります。さらに、それはまた、影響を与えます。スポーツシステムと心理学。これらの変化は、心臓を刺激して、副作用を引き起こし、心臓病を悪化させ、悪循環を形成します。さらに、長期のベッドは血液粘度を増加させ、血栓症の可能性を高めます。

モデレーター:リハビリテーショントレーニングの映画を見てみましょう。これはレベル4レベルの患者です。彼女はまったくベッドから出ることができません。リハビリテーションドクターがいるはずです。家族が活動を支援します。活動制限は、患者の不快感の不快感に基づいています。1日に1〜2回、活動時間は一般に5〜10分です。患者が疲労感を持つ場合、グレービーが追加されます。
Wang Guizhen:心筋疾患の患者は食事に注意を引くべきです。軽い食事を食べるために脂っこい食品を食べないでください。そして、可能な限り食べないようにしてください。私たちは、食事を減らし、食事を増やすことを主張しています。さらに、特に心不全の場合、心筋症の患者は、塩の摂取量を厳密に制御する必要があります。塩摂取量が多すぎると、浮腫の症状が悪化します。

ホスト:心筋疾患を予防する方法は?
Wang Guizhen:心筋疾患の原因はそれほど明確ではありませんが、患者などの感染性の因子があり、呼吸器や腸感染を含む感染を防ぐべきです。さらに、過去に心筋炎を患った患者は、早期発見のために定期的なレビューを行う必要があります。栄養はバランスが取れている必要があり、いくつかの微量元素の欠如は心筋疾患を引き起こす可能性があります。さらに、がん患者は抗腫瘍薬を服用しているか、精神科患者の一部の患者はいくつかの抗うつ薬を使用します。心臓に作用する長期は、心筋筋肉に有毒および副作用を起こす可能性があります。したがって、これらの薬を長時間服用している患者は、対応する症状が発生したら検査のために病院に行く必要があります。別のことは、心筋疾患が遺伝的要因と特定の関係を持っているため、家族歴のある人は定期的な検査を行うべきであるということです。

モデレーター:62歳のZhang、Grangxi Zhang Zhang、私は20年以上風疾患に苦しんでいます。今、私は呼吸困難や膨満感などの症状があります。 ?
Wang Guizhen:風疾患患者の鍵は心臓の弁病変です。この病気は治療するために手術を必要とします。患者が手術の機会を失った場合、治療のために前述の方法を服用できます。心不全を改善するための心不全を改善することができます。本質

モデレーター:Anhui 32歳のMs. Anhui 1998年に子供がいると心があります。今は深刻な状態があります。交差点
Qiu Shuyun:これらの症状はすべて心不全の症状ですが、以下の可能性もあります1.完全に治癒せずに過去に心筋炎があったかどうか。 2.周産期中の条件疾患。治療を検討することは、治療のために考慮することができます。

モデレーター:ダリアン氏は40歳です。私は1年前に拡張された心筋症と診断されました。現在、薬物治療が使用されています。硬膜外治療治療を使用するのにどれくらいの時間がかかるか知りたいですか?費用はいくらですか?
Wang Guizhen:まず第一に、患者の心筋疾患のタイプを診断する必要があります。異なる症状に応じて必要な時間も異なりますが、治療時間全体は少なくとも1か月です。純粋な心筋疾患のコストは約7,000元です。

モデレーター:チャンチョンワン氏の52歳の息子は20歳でした。彼は3年前の身体検査中に心臓が大きいことを発見しましたが、現在、彼は走り、体育を受ける気持ちはありませんクラス。この感情は治療が必要ですか?
Wang Guizhen:患者は定期的な心臓検査を行う必要があります。とそしてまず第一に、心臓の原因は心臓の原因です。心筋疾患と診断されると、早期治療の患者が推奨されます。

モデレーター:胡の胡、南京は50歳でした。昨年、冠動脈性心疾患のために2つの括弧がありました。最近、狭心症と心不全の症状が現れました。治療にブロックされた治療を使用できますか?
Qiu Shuyun:患者がブラケットを終えた後も良くなく、薬が安心しない場合は、この方法を治療に使用することをお勧めします。冠動脈性心疾患と狭心症は硬膜外停止で治療できます
3.心筋梗塞ブラケットを取得します。品質、時間通りに薬を服用するかどうか、そして時間通りに繰り返されるかどうかは多くのことがあります。ステントの後、日常生活は治療を維持するために厳密に服用する必要があり、アスピリンなどの抗血小板ドラマの薬物は薬を服用することを主張します。毎日の食事に注意を払い、過剰な油で食物を禁止し、血圧を観察し、血圧をコントロールする安定した範囲で!血液脂質が高すぎないように注意してください、脂質低下薬を服用することができます

Previous Article

ピーナッツソースビスケット

Next Article

食事の健康:咽頭炎食事治療法